専門学校アラカルト┃料理の基礎とアレンジが学べるコースでプロへ

料理人

実習で分かる

調理

美味しい料理を作る技術が学べる専門学校では、基本的に座学も交えつつ実習を繰り返して行うスタイルの学校が多いです。これは、料理自体を作ることが座学だけで間隔をつかみとることができるものではなく、調理を経験していくことで身につく知識や技術があるからです。また、味や出来栄えを再現するには実際に料理を作ってみないことにはわからないので、その時のテーマやカリキュラムに沿って専門学校で料理を作るようになっています。料理の専門学校がいいのは、目に見えてその出来栄えが分かることでしょう。仕上がりも目に見えますし、味わいも舌で感じ取ることができます。また、共に実習している仲間や講師の意見を聞いて更にスキルアップできるのも、専門学校ならではの魅力なのです。

実習をしてスキルアップを磨く専門学校では、学校によって独自の授業を導入しているところが多いです。例えば、料理をする上で欠かすことができない食材を、自分の手で収穫にいく実習を導入しているところもあり、食についての核となる知識を身につけることができます。近年は、オーガニックや顔が見える生産者の食材を選んで買うという消費者が増えているので、こうした特別な授業で食材の知識をつけて目利きできることはプラスになります。美味しい食材を選ぶことができれば、料理の味もグッと良くなることでしょう。そのほかにも実際に営業しているレストランなどで料理をする実習を行なっている所もあるので、他にはない経験が専門学校で身につきます。これらは専門学校選びの比較に役立つことなので、通常の料理実習カリキュラムに加えて見ていきましょう。